今読んでいる本で興味深いことに気付かされました。

日々の生活に満足感を得たければ、何か人に与える事に努力すると良い。

それも見返りを求めずです。

人はどうしても、他人に与えてもらうことを求めるもの。

でも、本当はそれでは幸福が他人に依存することになる。

寂しくなったり、足りない自分を絶えず意識するようになる。


自分で自分を幸せにしたければ、自分から与えることだそうです。

ビジネス書でもちょくちょく、出てくるのですがこちらはお金の匂いがプンプンするので特に気にも留めなかったんです。

でも、対人関係療法の本に他人に与えることの重要性が乗せられていて、それが今の自分にヒットした感じです。

考えてみると、自分は人間関係が閉鎖的で、与えることが極端に少ないです。

そういうところ努力してみたいなと思いました。


でも最近職場仲間で、損な仕事ばかりやらされてる同僚が不満がたまりクビ覚悟で不満を言うと興奮してました。

心配で、その日の夜電話をして見たらまだ言ってなかったようで、でも心配して電話してくれたことをすごく喜んでいました。

次の日に会った時にも肩を叩いて本当にありがとうと繰り返し言ってました。

よっぽど嬉しかったんでしょうねえ。。。

その日はなんか、すごく心がホカホカしました。

そんな簡単なことでもいいんですね。


今日のお昼は、親しい友人家族と食事です。

本当は、コミュ障の自分にとってプレッシャーです。

軽躁状態になってバカなことを言うのではないか!?

比較スイッチが入ってしまうのではないか!?

悩ましく思っていましたが、与える幸福を知って友人の小さな娘(可愛い子たちですよ。)たちに粗品をプレゼントするために、自分のお金を自分のためにではなく、使ってみました。

やっぱり心がホカホカします。

ビジネス書にあるような見返りを求めるようなお金の使い方ではありません。

幸せです。

いいですね!

幸せな気持ちは自分でも作り出せるんですね!

まあ、本当はブログでも書かずにパッと渡した方がカッコイイんですがwww

つい書いちゃいました! (爆


ランキングに参加しています。よろしければバナーをポチッとしていただけると更新の励みになります。。。 m(_ _)m 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ