双極性障害2型だけどさ!~みんなの善意で生かされてる僕

双極性障害2型を患っている管理人S・U 一日寝っぱだったり、時には薬飲みすぎるし、もしか入院もする・・・ でも仕事もするし、 趣味もサーフィン・釣りなど何とか楽しんでる!!障害者枠も働けなくなり、昔からの知り合いの会社、友達の現場に体が動くとき職人として不定期で働いています。自己啓発の本を調子の良い日は読んでいます。あと健康の為エアロバイクをこいでます。そんな管理人が綴る雑日記ブログ

●思考のコントロール

この心の歪んだ声を変える方法

双極性障害2型の抑うつの時は本当に辛い。。。

何が辛いかって、体の症状と思考パターンが全くもって悪い。

この思考パターン、比較的安定していてもこの病気を持っていると歪んでる。

ほとんどがネガティブなものに。

kimochi_negative_man


対人関係のことや、これからしなければならない行動の予測での不安で歪みは顕著に現れる。

で、心の中の自分はこうアドバイスする。


「あの時の相手の反応は、自分のことをバカにしている」

「あの時の一言は余分で相手を傷つけた」


とか、

「これからやらなければならないこのことはかなりの確率で失敗するだろう」

「新しいことに挑戦することはリスクだ」

「このことで心が傷ついたらどうする!?」


などなど。

不安を掻き立てるアドバイスばかり。

全くもって、ひどいアドバイスばかりだw

この心の声、他人へのアドバイスだったら絶対言わないと思う。

きっともっと相手を気遣うアドバイスをする。

さっきの心の声を他人へのアドバイスだったらこんな感じになるんじゃないかな!?

「そんなことない、きっと何かで忙しかったんだ」

「そんな反応はしてなかったよ」

「準備して、もしそれでも自信がなければ経験者にアドバイスしてもらえばいい」

「やってみなければわからない、やらないよりやって後悔した方が良くない!?」

「傷つくとは限らない、もしそうだとしてもその時は話を聞いてやるよ」


みたいな。

もっと他人の心の不安を取り除くようなアドバイスをするだろう。

最近読んだ本にそのことを気付かされた。


つい、「気にしすぎ」てしまう人へ: こころの荷物をそっと降ろす本 (王様文庫)


自分の立場を他の人に置き換えた時にかけるであろう言葉、それはかなり違うものになるだろうって。

その言葉を自分にかけるように意識してみてってね。

それだけで心はグンと軽くなる、不安が解消されるって。


これは、すぐにできることではないけれども、やってみる価値ありだなって思った。

一日の終わりに書く 自己流できたことノート で振り返る時に意識したいと思う。

そうやって自己訓練したいと強く感じた。


1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート


よろしければバナーをポチッお願いします m(_ _)m 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

父が精神障害をもらわない、特殊な能力!? 僕も欲しいです。。。

4人家族で唯一、精神的に全く健常者である父。

重度障害者(双極性障害2型・統合失調症)の3人に囲まれ、入院、通院の時の手続きや対応、ときに精神的なケア、仕事後の家事などなど。。。

老体に鞭打って父は本当によくやっています。

wakawakashii_man


僕は思うのです。


よく、まいってしまわないなって。

僕だったら精神的にまいって病気をもらってしまいます。


そこで父に秘訣を聞いたり、観察したりしてみました。

父によると、まいってしまわない秘訣は、


・余分なことは考えない!

・頭をすぐにきりかえる!

・頭を休ませる!


観察の結果と直接の意見によると以上のことが、精神的に自分を守っている父の特殊能力!?のようです。

口癖のようにいうのが、

「考えても無駄」

「はい、もう終わり!」

「とりあえず今は関係無い」

「TV観てボーッとするのが一番!」



父は、精神的にできることをわきまえていて、一歩引き下がっているような感じです。

でも肝心な時はちゃんと責任を果たす人です。


すごい人です。

自分も先ほどあげた3つの特殊能力(僕はそう呼んでいる)を身につけられたらいいなってつくづく思うのです。

・余分なことは考えない!

・頭をすぐにきりかえる!

・頭を休ませる!

これが、前記事の妹との接し方や、いろんな物事との関係をうまくやるコツなんだと。

頭を休ませる、はすぐできそうです。

余分なことは考えないは、何か楽しいこと、目の前にあることに集中するとできそうです。

頭の切り替えが一番難しそう。。。

でも、これマスターできたら生きるのが楽になりそうな気がしませんか!?

考えすぎないヒントとなる本特集


よろしければバナーをポチッお願いします m(_ _)m 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

自分で自分を褒める方法が結構ジワジワ効く

この双極性障害2型なんかの精神病を持ってると自尊心なんて無くなる。

出来ない事や、後悔などが日常茶飯事だからね。


それで、ある時ふと思った。


自分は本当に何も出来ない、この世でいらない存在なのか!?


それを知る為に考え続けるのだけれど禅問答だった。


それで、頭の中を見える化してみることにしてみた。

まあ、簡単に言えばノートに出来ていることなどを兎に角書いてみること。

 book_note_empty


ノートはダイソーで沢山買ってある大学ノート

自分がわかれば良いから、きったない字でとにかく思いつくことを書いた。

字の大きさも位置も関係ない。

やれていることを書くだけ。


そうすると意外に結構、小さな事から色々やってるんだなあって、わかったんだよね。


それから今、それをバージョンアップさせて日記にしてる。

その日に出来たことを書いて、自分で自分を褒めてる。

夜寝る前に書いて。

ついでに、不安や問題を書いて対策方法なんかも考えながら書いてみてる。

書くことがなければ、書かない日もある。

強制的に書く必要なんてないからね。


この自己肯定日記、もしくは出来たことを褒める日記w

二ヶ月だけど続いてる。

段々と習慣になりつつある。

夜、出来たことをみてニシシと喜んでる自分がいる。

もちろん、劇的な効果は望めないけど、それなりにやってる自分を認めてあげることができている。

日記を書いていること自体が褒めるに値するとも考えちゃったりしているんだよね。


兎に角、意識して何か努力しようなんて考えず書く。

部屋にクイックルワイパーをかけたwとか、本が読めたとか、そんなことでも良い。

無ければその日は書かない。


決してTo Doリストにしないことがコツ!

負荷をかけて嫌になるからね。


あと、結果ばかりを書くんじゃなくて、努力していることを書くのも良いよね。

感動したことや、心に残った詩を書いておくとかも。

ブログじゃ書けない、超プライベートなことをどんどんかけるのも利点。


この自分を褒めるノート良いんじゃないかなあ〜なんて最近思ってるんですよ。




よろしければバナーをポチッお願いします m(_ _)m 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ

抑鬱時に避けたい一つのこと

双極性障害2型の抑鬱の危険性は、大鬱より自殺率が高いことです。

それで、抑鬱を悪化させない為にできることが専門書にあったので少し。



それは、鬱の原因になったことを敢えて反芻しない、つまり繰り返し思い出し考えないと言うこと。





過去の原因を何度も思い返し、あーすればよかったとか、ひどすぎる!と考え続けることは、事実上の追体験になるということだそうです。

それで、心の傷口が悪化し更に抑鬱が酷くなる。

フラッシュバック型の突然の記憶の蘇りの場合、コントロールが難しいですがそれでも考える続けることを止めなければ苦しみ続けることになります。

自分の場合もフラッシュバック型のものがあるのでわかるのですが、止めるのは難しい。。。

そこでできるのが、外部から思考に影響与えるという行動活性化療法です。

気分転換といえば、軽い言葉ですが何か違う活動に思考を集中させて過去の記憶の蘇りとそれをじっくり味わうことを、止めるのです。

その行動は、行うと” 快 ”を感じるものであるのが望ましいそうです。

自分の場合

・掃除

・散歩

・写真を撮る

・家族との会話

・料理

・お風呂

・エビとメダカに餌をやる

・猫を構う

などなど

要は、ネガティブな思考のループになった線路の切り替えを自分の意思で強制的に行うのです。

必要な場合はもちろん、薬を併用することになります。

自分の場合、訓練が必要でしたができるようになってきました。

ちなみに寝逃げですが、人間活動しないとなかなか思考は変わらないようです。

睡眠薬を飲んでガツンと短時間で寝るならいいかもですが、やはり行動する方が早く解放されます。

参考までに。




どれか一つ下のランキングのバナーをポチッお願いします! m(_ _)m  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ      

行動活性化療法の興味深かかった点

僕の好きな行動活性化療法ですが、そのことについての本を読み進めていくうちにこんな事が書かれていました。


気分に依存しない自分になる



興味深くないですか?



朝起きた時の気分、何かのイベント前のあの気分に合わせて行動を抑制すると抑うつが重くなったり、自分に対して嫌悪感や罪悪感を感じたりと状況が悪化する事が多い事を指摘していました。


それで気分に左右されず(もちろん限度はありますが)とにかく行動すること、行くことを優先することにより抑うつが改善されるというのです。

確かに、仕事で朝の抑うつが辛くても、えーい行くぞ!と自分を強いて行くと意外と仕事時間中は集中して仕事ができてしまうということってありますよね。

さらには、気分が少々悪いけどウォーキングに出かけて結構気分が良くなって帰ってきたりとか。


本によると、気分や感情は時に人を誤った方向に向かせることがあるとか。

それで必ずしも感情や気分を指針として行動する必要はないというのです。

自分が立てた小さな目標とか予定にしたがって行動してみることも大事であると。


興味深かったので記事にしてみました。

ヘタレな自分には強い内容でしたけどねw


さてインフルエンザが猛威を振るっていますね。

喉が少しでも痛くなったら熱が出る前でも病院にGOですよ!

自分は喉のイガイガ感から始まりましたから。

お体お気をつけくださいね!


 


どれか一つ下のランキングのバナーをポチッお願いします! m(_ _)m
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ      
スポンサードリンク
ブログ内検索
プロフィール
20141113172820b98

管理人S.Uです。
見に来てくれてありがとうございます。
ごゆるりなさってください。

コメントも大歓迎です。※

(※ブログを書いておられる方は、URLをコメントに貼ってくださると挨拶に行けますので遠慮せずどうぞ!) 


当ブログはリンクフリーです!

相互リンクも大歓迎!!

コメント内容が誹謗中傷的なものや、記事に全く関係ない政治・宗教コメントに関しては即刻削除させていただきます。

気分で書いてるので、書くのサボるときがあります。ごめんなさ〜い!
カテゴリー
こちらものぞいていみませんか
最新コメント
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ