今日は、市の福祉課で社会福祉協議会の方、二人と話し合いをしました。

自動車を処分後の125ccのバイク資金を融資してもらおうと思っていました。

何度も言うようですが、低賃金と家に入れる額が給料に対して大きい額なので維持できなくなったのです。

魅力は無利子!!

大きいですよね。

厚生労働省のサイトによると精神障害者もそのサービスを受けられるとあり相談したわけです。

電話で、担当の方が家族の金の流れを書いてきてくださいということでした。

以前、青色申告をやっていたので損益計算書を自分個人と家族の分を作成し持って行きました。

個室に案内され、担当の二人の方と話し合いが始まりました。

障害を持っていることを手帳で証明、あとは財務諸表を渡しました。

すごく、親身になって相談に乗ってくれる方々です。

内心いけるかな?って思いました。



結論からいうとダメでしたw


家族の収入が、父が69歳で家計のために働いているため低所得者の月所得にギリギリ収まらないのです。

と言っても、父もそんなに稼いでいるわけではありません。


このことについては、異論がよく出るそうです。

同居の家族がお金を借りるわけでもなく、家計も全く別でやりくりしているのになぜ、収入が一緒に合算されて考慮されるのか?ということです。

全く同感でした。


つまりです、この制度を利用するには家族全体での収入が低所得(月収入が決められた一定額内)であることが求められるんです。

障害者だから利用できるわけではありませんでした。


厚生労働省紛らわしいんだよ!!


借りれないのならこれ以上話し合っても意味がありません。

顔で笑って心で泣いて、速やかに帰りました。


やっぱりこの世の中、障害者にも甘くはありません!!

あ〜 (T ^ T)


どれか一つ下のランキングのバナーをポチッお願いします! m(_ _)m
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ